赤い羽BLOG

REDWINGとMr.Childrenを愛する男の趣味ブログ

REDWING COLUMN

REDWING COLUMN NO.39 Boots Hanger

REDWING COLUMN NO.39 Boots Hanger 東京ハンガーのブーツハンガー。 ブーツブランドなどにも別注で卸しているハンガー専門メーカーの物。 カラーは黒スチールと銀スチールに真鍮製の3色。 値段はもう少し安いと嬉しいが、安心の日本製。 黒スチールが一番値…

REDWING COLUMN NO.38 レッドウィング メンテナンス ガラスレザー編

REDWING COLUMN NO.38 レッドウィング メンテナンス ガラスレザー編 今回はレッドウィングのガラスレザーを使用したモデルのメンテナンス。 この光沢感のあるチョコレートブラウンのレザーは 正式には「コレクティド・グレインレザー」と言う名称で 現在は廃…

REDWING COLUMN NO.37 レッドウィング ガラスレザー

REDWING COLUMN NO.37 レッドウィング ガラスレザー 正式には「コレクティド・グレインレザー」と言う名称。 「修正された銀付き革」と言う意味で、表面が加工されたレザーになる。 コレクティド・グレインレザーは革を精製する際の 乾燥工程でガラスやホー…

REDWING COLUMN NO.36 レッドウィング ブラッククロームを磨く 第8回

REDWING COLUMN NO.36 レッドウィング ブラッククロームを磨く 第8回 レッドウィングを毎日磨くと、ブラッククロームの銀面はどう変化するのか? 2019年1月1日から検証開始したメンテナンス企画。 仕上げ向けの化繊ブラシで、なるべく毎日数分程度一年間が目…

REDWING COLUMN NO.35 レッドウィング ペコス8168,8169廃番

REDWING COLUMN NO.35 レッドウィング ペコス8168,8169廃番 レッドウィングのペコスブーツ、8168と8169の廃番が決まったそうだ。 ラフアウト8168、ブラッククローム8169は共に1996年デビューのモデル。 今年の秋冬用に追加生産はしていなかったらしいので 現…

REDWING COLUMN NO.34 REDWING MAGAZINE 1999

REDWING COLUMN NO.34 REDWING MAGAZINE 1999 GETON!特別編集 ザ・レザーブーツバイブル レッドウィング 1999年秋発刊のレッドウィング特集雑誌。 他ブランドも触れているが、130ページ近くある内の 半分以上がレッドウィングについて取り上げている。 ちな…

REDWING COLUMN NO.33 レッドウィング メンテナンスアイテム

REDWING COLUMN NO.33 レッドウィング メンテナンスアイテム レッドウィングやダナーなどのブーツの他に ベルトやサイフなどのレザーアイテム全般に 普段使っているメンテナンス用のアイテムを紹介。 ちょこちょこ買い足したりするが、今のところはこんな感…

REDWING COLUMN NO.32 レッドウィング 着用時のルーティーン

REDWING COLUMN NO.32 レッドウィング 着用時のルーティーン。 特別なことはしていないが、とある日の記録。 この日は晴天なので、どの素材でも問題無し。 いつものブーツ保管場所でどれを履くか悩む。 これは安い材料で仕上げた自作のブーツ棚。

REDWING COLUMN NO.31 レッドウィング オーバーラップとアンダーラップ

REDWING COLUMN NO.31 レッドウィング オーバーラップとアンダーラップ。 左側が紐を穴の上から通すオーバーラップと言う通し方。 右側が紐を穴の下から通すアンダーラップ。 靴紐の通し方は他にもあるが、基本はこの二つになる。 紐の通し方は昔からの習慣…

REDWING COLUMN NO.30 レッドウィング 90年代ブラッククローム

REDWING COLUMN NO.30 レッドウィング 90年代ブラッククローム レッドウィングに使われる黒のレザー「ブラッククローム」 ブラッククロームは精製方法の変化もあり 時期によって異なった質感の物が見られる。 特に日本での需要が多かった90年代に大きく仕様…

REDWING COLUMN NO.29 レッドウィング ブラッククロームを磨く 第7回

REDWING COLUMN NO.29 レッドウィング ブラッククロームを磨く 第7回 レッドウィングを毎日磨くと、ブラッククロームの銀面はどう変化するのか? 2019年1月1日から検証開始したメンテナンス企画。 仕上げ向けの化繊ブラシで、なるべく毎日数分程度一年間が目…

REDWING COLUMN NO.28 レッドウィング 8167廃番

REDWING COLUMN NO.28 レッドウィング 8167廃番 レッドウィング8167、サンドベージュのラフアウトラウンドトゥ。 もしくはスエードプレーントゥと呼ばれるモデル。 この8167が追加生産されず、廃番になるそうだ。 現状在庫がなくなり次第終了と言うことにな…

REDWING COLUMN NO.27 レッドウィングの日

REDWING COLUMN NO.27 レッドウィングの日 10月12日はレッドウィング社の創業者チャールズ・ベックマンの命日。 その日を「レッドウィングの日」として敬意を表して レッドウィングを履いたり、メンテナンスをしようと言うもの。 これは何年か前からファンの…

REDWING COLUMN NO.26 DENIM×REDWING Round-Toe ver.

REDWING COLUMN NO.26 DENIM×REDWING Round-Toe ver. レッドウィング×デニム。 前回のモックトゥ編に続き、今回はラウンドトゥまたはプレーントゥ編。 色合いの違うブルージーンズを組み合わせて どれが好みかを個人目線で語ってみようと言うものだが モック…

REDWING COLUMN NO.25 靴磨きの日

REDWING COLUMN NO.25 靴磨きの日 毎年9月23日は「靴磨きの日」らしい。 靴磨きの「く=9」「つ=2」「み=3」の語呂合わせから 9月23日を選んで、正式に日本記念日協会に認定されたそうだ。 モゥブレイなどを取り扱っている株式会社R&Dが制定したそうで 靴…

REDWING COLUMN NO.24 DENIM×REDWING Moc-Toe ver.

REDWING COLUMN NO.24 DENIM×REDWING Moc-Toe ver. レッドウィング×デニム。 アメカジの最強の組み合わせと言っても過言はない組み合わせ。 今回はレッドウィングでもモックトゥのタイプを使用し 色合いの違うブルージーンズを組み合わせて どれが好みかを個…

REDWING COLUMN NO.23 レッドウィング P1とP8の判別方法

REDWING COLUMN NO.23 レッドウィング P1とP8の判別方法 レッドウィングのブーツに生産された工場番号の記載は 1994年途中から始まり、これはブーツ右足シャフト部分に 製造年月の刻印を入れる旧方式が終わった頃と ほぼ同時期に始まったと思われる。 現行タ…

REDWING COLUMN NO.22 レッドウィング ラフアウト 毛足の長さと色の違い

REDWING COLUMN NO.22 レッドウィング ラフアウト 毛足の長さと色の違い レッドウィングで使用されているサンドベージュのラフアウトレザー。 現在はホーソーン「アビレーン」ラフアウトと言う名称。 ラフアウトレザーは屋外での利用を目的に開発されたレザ…

REDWING COLUMN NO.21 レッドウィング 価格改定

REDWING COLUMN NO.21 レッドウィング 価格改定 レッドウィングジャパンでは2019年9月1日から 原材料やコストの高騰により、一部の商品で値上がりすることを発表。 まとまった価格の見直しが行われたのは 近年では2012年8月、2014年8月、2015年6月だそうだ。…

REDWING COLUMN NO.20 レッドウィング オロラセットと色の移り変わり

REDWING COLUMN NO.20 レッドウィング オロラセットと色の移り変わり レッドウィングの代名詞でもある「ORO-RUSSET」とは? 「赤みを帯びた茶色」を意味した造語と言われている。 日本では「オロラセット」もしくは「オロ・ラセット」と 表記されるが、ここ…

REDWING COLUMN NO.19 レッドウィング P1・P2・P8

REDWING COLUMN NO.19 レッドウィング P1・P2・P8 「P1・P2・P8」とは何か? レッドウィングのブーツは日本国内で正規に展開されている物は 現在もアメリカのレッドウィング自社工場での生産が続いている。 近年は一つの工場がメインとなって生産されている…

REDWING COLUMN NO.18 レッドウィング8165 カスタムやり直し中

REDWING COLUMN NO.18 レッドウィング8165 カスタムやり直し中 レッドウィングコレクションNO.31 8165ブラッククロームのプレーントゥ、四角犬タグ98年製。 革質は厚めでごわっとしていて武骨な質感。 90年代初期~中期までの質感を残した感じと言うのが感想…

REDWING COLUMN NO.17 レッドウィング ブラッククロームを磨く 第6回

REDWING COLUMN NO.17 レッドウィング ブラッククロームを磨く 第6回 レッドウィングを毎日磨くと、ブラッククロームの銀面はどう変化するのか? 2019年1月1日から検証開始したメンテナンス企画。 仕上げ向けの化繊ブラシで、なるべく毎日数分程度一年間が目…

REDWING COLUMN NO.16 Boots Shelf DIY

REDWING COLUMN NO.16 Boots Shelf DIY コレクションしているレッドウィングのブーツの棚のDIY。 没ネタって訳じゃないが、昨年に行った時に残しておいた画像。 戸棚と戸棚の間にある、半畳分ぐらいのスペースがブーツ置き場。 以前までは余った本棚にブーツ…

REDWING COLUMN NO.15 LEXOL Leather Care Kit

REDWING COLUMN NO.15 LEXOL Leather Care Kit レクソルのクリーナーとコンディショナーがセットになったレザーケアキット。 レクソルもしくはレクソールは、アメリカのレザーケア用品。 レザーのメンテナンスや丸洗いと言えば、レクソルは上位に来る物。 本…

REDWING COLUMN NO.14 REDWING Catalog 1997

REDWING COLUMN NO.14 REDWING Catalog 1997 今回はレッドウィングの1997年国内版のカタログの紹介。 最近は毎週金曜日をレッドウィングネタの日にしている。 当ブログを見ている方が土日にレッドウィングを履いたり メンテナンスをしたり、ちょっとしたキッ…

REDWING COLUMN NO.13 レッドウィング 90年代タグ 羽タグ編

REDWING COLUMN NO.13 レッドウィング 90年代タグ 羽タグ編 レッドウィングの90年代に付けられたタグを紹介。 今回はワークブーツやサービスシューズなどに付けられた「羽タグ」編。 基本的にはアイリッシュセッター以外の物に付けられるが アイリッシュセッ…

REDWING COLUMN NO.12 レッドウィング 90年代タグ 犬タグ編

REDWING COLUMN NO.12 レッドウィング 90年代タグ 犬タグ編 世間ではブーツのシーズンもすっかり終わってしまったけど そんな時期でも、めげずにレッドウィングについて 書いて行きたいと思う今日この頃。 と言う訳で、ディテールや仕様などについて触れて行…

REDWING COLUMN NO.11 レッドウィング メンテナンス 丸洗い総合版

REDWING COLUMN NO.11 レッドウィング メンテナンス 丸洗い総合版 レッドウィングのブーツの丸洗いの仕方と それぞれの工程で用意したいアイテム類の紹介など 今までに何足も丸洗いをして来た経験と感想をまとめてみた。 ※丸洗いとは水や洗剤を使い、その物…

REDWING COLUMN NO.10 レッドウィング 梅雨入り前のメンテナンス

REDWING COLUMN NO.10 レッドウィング 梅雨入り前のメンテナンス 一般的にはブーツはそろそろシーズンオフ。 自分は年中ブーツを履くが、さすがにエンジニアやペコスは履かない。 ダナーはインナーが少し暑いので大雨や台風で 緊急登板ってことにならなけれ…