赤い羽BLOG

REDWINGとMr.Childrenを愛する男の趣味ブログ

REDWING 夏のラフアウトレザー

f:id:mr_redwing_children:20200804102823j:plain

レッドウィング 夏のラフアウトレザー。

ラフアウトレザーは革の起毛した面を表側に使用した物で

一般的な革靴などとは革の面の使い方が反対になっている。

モコモコとした見た目なので、秋冬素材っぽく見えてしまうが

油分の少ない乾いた質感をしている為、表使いをしたレザーよりも

通気性が良く、暑い夏場でも蒸れにくくなっている。

つまり、表面の目に見えない細かい穴から汗が出て行くと言うことで

ピカピカとしたレザーなどは、その穴が塞がりがちとのこと。

ちなみにスエード(スウェード)とは、ラフアウトの毛足を短く整えた物と

定義されていて、厳密には別物だが分けていない場合も多い。

続きを読む

すき家×小林製薬 牛丼 トリプルニンニクMIX

f:id:mr_redwing_children:20200805110554j:plain

すき家×小林製薬 牛丼 トリプルニンニクMIX

8/5よりスタミナ祭りとして「トリプルニンニクMIX」を販売開始。

牛丼でここまでの物はあっただろうかと言うほどのイキスギメニュー。

特製ピリ辛ダレで和えたニンニクの芽と、特製ニンニク辛味スパイスに

素揚げしたニンニクの、三種のニンニクのトッピングメニュー。

今回の商品を発売するに当たり、小林製薬とのコラボが実現し

食後の臭い対策として、ブレスケアがサービスで付いてくる。

続きを読む

REDWING 875犬刻印 当時を振り返る

f:id:mr_redwing_children:20200801234059j:plain

レッドウィング875犬刻印 当時を振り返る。

「犬刻印」とは1996年後半から1997年いっぱいまでの期間に

アイリッシュセッターの刻印が入ったモデル。

近年は中古取引でも人気があり、状態の良い物は希少になっている。

 

しかし、この犬刻印は当時ラインナップされていた中でも不人気な部類で

当時を知る物としては良くない印象が残っているモデル。

元々一年間だけの予定だった可能性も否定出来ないが

現在では結果的に、限定モデルのような扱いになっている。

日本国内での不人気だった理由は、いくつかあったと思われ

変遷を振り返りながら、特徴なども書いてみようと思う。

続きを読む

近所めし VOL.13 實家 戸部本町店

f:id:mr_redwing_children:20200628224140j:plain

近所めし VOL.13 實家 戸部本町店

實家(みのるや)はNeo家系らーめんと銘打って

横浜家系ラーメンの本家とは違ったテイストを打ち出している。

簡単に言えばマイルド系のジャンルに当たる物。

實家戸部店は2015年にオープンで地元向けのローカルなお店。

どうやら壱八家系列らしく、半蔵と言う名前のお店が實家として

独立されたりと、オーナー独自に展開したお店と言う感じのようだ。

続きを読む

ジーンズの耳のアタリ

f:id:mr_redwing_children:20200725223358j:plain

ジーンズの耳のアタリ

ジーンズの耳のアタリは、ジーンズ好きのこだわりポイントの一つ。

ジーンズやファッション用語で言う「アタリ」とは

簡単に言ってしまえば、生地表面の色落ちのことになり

何かに当たったり、作用して色が落ちている様子を表す言葉で

履き込んで出来た跡や、皺が出来て色落ちしている状態を言う。

例えば、裾が擦れて薄くなった部分や、ポケットに財布の跡が付いたなどを

「裾のアタリが良い」や「ポケットのアタリが最高」などと使う。

 

ここで言う「耳のアタリ」とは、耳付きジーンズを履き込んで

生地の耳の部分の跡が表面に出ていると言うこと。

近年はエイジングと言う包括的で便利な言葉が一般的になっているが

かつてはジーンズのアタリと言う言葉は、そこそこ認知度のあった言葉で

ジーンズやファッション好きの間では広く使われていた。

 

ジーンズの耳のアタリ 目次

  • 耳付きと耳無しのアタリの違い
  • ジーンズの耳
  • 耳使いの伝統
  • 脇割り縫い・ロックミシン
  • 耳付きジーンズを履く時の注意点
  • まとめ
続きを読む