赤い羽BLOG

REDWINGとMr.Childrenを愛する男の趣味ブログ

Mr.Children Live Blu-ray「Mr.Children 30th Anniversary Tour 半世紀へのエントランス」

Mr.Children  Live Blu-rayMr.Children 30th Anniversary Tour 半世紀へのエントランス」

2023年1月25日に発売となったミスチルの映像作品のブルーレイを購入した。

今作品はミスチルのデビュー30周年を記念し、「半世紀へのエントランス」と題して行われた

全12公演60万人動員のライブツアーの中から、デビュー30周年当日の5/10東京ドーム公演と

ツアー最終日6/19の大阪ヤンマースタジアム長居公演をノーカットW収録の豪華版。

自分の趣味的なアイテムの今年初入手はミスチルのこのブルーレイになった。

今回収録されたセットリストは上の通りで、赤丸はこの2公演で被っていない楽曲。

半世紀へのエントランスツアーは日替わりやその会場ごとに変更がかなりあったようで

全12公演で演奏された総楽曲種類数は39曲と、一つのツアーとしては多めだった様子。

ちなみに今作品で未収録となった楽曲は「PADDLE」「箒星」「Replay」「Drawing」

「LOVE」「Printing~Dance Dance Dance(これは合わせて1曲とした)」とのこと。

www.toysfactory.co.jp

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

例によって発売前にいくつかの曲がミスチル公式YouTubeチャンネルで公開された。

5/10東京ドーム公演から「youthful days」と、初期の名曲となる超レアな「over」。

6/19大阪ヤンマースタジアム長居公演から「口笛」「フェイク」「GIFT」「HANABI」の計6曲。

今作は2本のライブを収録というボリューム感から購入前に我慢しないで全て観てしまった。

続きを読む

デニムのほくろ

「デニムのほくろ」とは、簡単に言えばデニム生地の織りムラのこと。

この「ほくろ」という表現の仕方は、あくまで自分一人で勝手にそう呼んでいるだけで

繊維や業界的な正式名称はあるのかもしれないけど、その辺はあしからずということで。

 

黄色の円で囲ったところだけが明らかに糸が飛び出しているのが分かると思うけど

決して傷や解れではなくて、ある程度大きさがないと個人的にはほくろ認定をしていない。

古いデニムは糸の太さが均一でなかったり、技術的なことから織りムラが出来てしまい

縦にすじが入るような色落ちをする、通称「縦落ち」という味わいのある表情が生まれる。

近年はその風合いを再現したり、独自に開発していてデニムにはとても個性がある。

※このデニムは古い時代の作り方に加えて、よりコントラストが出る様にアレンジしたもの。

続きを読む

2023年も宜しくお願いします

皆様、明けましておめでとうございます!今年も当ブログを宜しくお願いします。

2023年最初の記事も例年通りに、皆様とのご縁に感謝を致しましてということから

「縁」とエンジニアブーツの「エン」を掛けた画像からの開始となりました。

 

門松の横に色合いが近いような、ラフアウトのエンジニアブーツ8268を並べてみた。

ここはつけ天そばが人気な横浜平沼の角平、年末は年越しそば目当ての大行列が出来る名店。

この人一体何してるんだろうと思われても気にしない精神力は既に身に着いていて

お店や通行人に迷惑にならないように、入店待ちのない時間に撮影して速攻で退散。

 

門松のわらの上でくつろいでいた、すぐ近くのクリーニング店の猫ともコラボ。

表情から見ての通り、一番迷惑を掛けてしまったのはこの猫だったりする。

続きを読む

REDWING COLUMN NO.98 レッドウィング 年末恒例コレクション棚の掃除

REDWING COLUMN NO.98 レッドウィング 年末恒例コレクション棚の掃除

大掃除の時期ということで、今回はレッドウィングのブーツのコレクション棚の掃除と

昨年に引き続き、コンセプトを考えてチョイスしたアイテムを並べて遊んでみた。

基本的に普段は画像の通りに陳列していて、ここ以外の別の場所にも置いている。

 

正面よりもやや斜めから見るのが個人的には気に入っている。

今年訪問した方の中では、冷蔵庫の出張修理サービスの方が一番興味を示していて

出来るだけ早く作業を終え、こっちの話題に持って行きたかったらしい。

結局あれやこれやと質問攻めになって、たぶん10分ぐらい見ていた気がする。

続きを読む

近所メシ第35回 横浜洪福寺松原商店街 テイクアウト編

近所メシ第35回 横浜洪福寺松原商店街 テイクアウト編

今回の近所メシは特定のお店ではなくて、商店街を見て回って調達してみることにした。

この洪福寺松原商店街は「ハマのアメ横」の異名を持つほどの活気のある商店街で

地元情報サイトによると、コロナ禍前の年末では一日10万人近くの来客があったそうだ。

自分はドラマ「孤独のグルメ」を欠かさず観ていて、Season2第九話江東区砂町銀座商店街の

様々なお店で購入し、テイクアウトして珍しく事務所で食べる回が特に印象深くて

最近その再放送を見て感化され、年末感のある場所でそれっぽいことがしたくなってしまった。

kofukuji-matsubara.com

洪福寺松原商店街は最寄りとなる相鉄線天王町駅北口から徒歩で6分ほど。

横浜駅みなみ西口から20分近く掛かるけど、徒歩でも行けなくはない距離にある。

12:00~18:00は歩行者天国、水曜定休のお店が多いとのこと。

続きを読む