赤い羽BLOG

REDWINGとMr.Childrenを愛する男の趣味ブログ

REDWING RW-8179 刺繍羽タグ前期 96年製

REDWING COLLECTION NO.25

RW-8179 刺繍羽タグ前期 P1第1工場 96年8月製

f:id:mr_redwing_children:20190921185620j:plain

レッドウィング8179 通称「黒セッター」は1995年にデビュー。

90年代レッドウィングブームを牽引したモデル。

発売当時は類似品や偽物も出回っていた程、人気絶大だった。

8176をノーマルウェルト+トラクショントレッドソールに変更した物。

 

f:id:mr_redwing_children:20191214162459j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214162513j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214162547j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214162608j:plain

ウェルトはナチュラルな部分もあれば、染色している箇所もある。

95年~97年頃の8179や8169などのブラッククロームのモデルに見られる特徴。

革質は分厚く硬め、きめ細やかで光沢感がある。

 

f:id:mr_redwing_children:20190420140040j:plain

8179初期タイプのベロ裏が茶色の物。

製造年が新しい物程、ベロ裏は黒い物が多くなる傾向にある。

刺繍羽タグの前期は96年~97年製の期間に付き

四角犬タグ後の99年~2002年の刺繍羽タグは後期と呼ばれる。

 

羽タグについてはこちら↓

 

f:id:mr_redwing_children:20190420141145j:plain

ベロ裏が茶色なので、前から見える断面部分は茶色。

 

f:id:mr_redwing_children:20190420141206j:plain

他の断面部分も全て茶色。

 

f:id:mr_redwing_children:20190420141346j:plain

傷跡は茶色くなっており、革の表面からも茶芯を確認。

 

ブラッククロームについては↓

 

f:id:mr_redwing_children:20190420141455j:plain

傷が多めなのでレッドウィングコンディショナーを下地に

クリームを塗ったのでピカピカしている。

 

f:id:mr_redwing_children:20190420141544j:plain

㊧8179刺繍羽タグ97年3月製 ㊨刺繍羽タグ96年8月製

生産は半年ほどの差、表面は同じ様な革質だが

ウェルトと断面は97年製の方が茶色がはっきりしている。

 

f:id:mr_redwing_children:20190420141707j:plain

同じく㊧97年製 ㊨96年製

両方とも90年代らしいブラッククローム

この時期の物を集めるようになったのは、8179の影響が大きい。

 

f:id:mr_redwing_children:20190424223105j:plain