赤い羽BLOG

REDWINGとMr.Childrenを愛する男の趣味ブログ

REDWING RW-8169 刺繍羽タグ 97年製Ⅱ

REDWING COLLECTION NO.28

RW-8169 刺繍羽タグ P1第1工場 97年3月製

f:id:mr_redwing_children:20190921152341j:plain

レッドウィング ペコスブーツ8169は赤茶866をベースに

ブラッククロームに変更したモデル。

ラフアウトレザーの8168と同時に1996年にリリース。

現在は廃番の古いモデルではブラッククロームのペコスがあったので

そちらをトラクショントレッドソールに変更した物とも言える。

 

f:id:mr_redwing_children:20191214163919j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214163940j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214164021j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214164040j:plain

ウェルトの断面の着色が甘い初期タイプの作り。

こちらの革質は光沢強めで、きめが細かい。

このタイプのブラッククロームは97年頃までとされている。

 

f:id:mr_redwing_children:20190425185856j:plain

革の断面は茶色、97年製は茶色の物は比較的多いが

翌年の物から徐々に減って行くようだ。

ブラッククロームについては↓

 

f:id:mr_redwing_children:20190425185942j:plain

8169の刺繍羽タグは96年~2002年頃まで。

97年~99年は四角犬タグに変更になるモデルが多いが

8168同様に、こちらはタグの変更は無し。

 

羽タグについてはこちら↓

 

f:id:mr_redwing_children:20190425190023j:plain

シャフトに刻印が入るのは2000年代初めで終了。

97年3月製、こちらは8インチ Eワイズ。

 

f:id:mr_redwing_children:20190425190125j:plain

メンテはクリーム系をメインに使用。

シャフトが柔らかくなり過ぎないようにしたい。

 

f:id:mr_redwing_children:20190425190213j:plain

㊧こちらの8169 97年3月製 ㊨8169 97年6月製

左の3月製の方がきめ細かく光沢が強い。

シャフトの革質が違う為、シワがあまり入っていない。

 

f:id:mr_redwing_children:20190425190354j:plain

㊧同じく8169 97年3月製 ㊨8169 97年6月製

普段履いているレッドウィングのサイズは7ハーフがジャストだが

足の甲が高い自分の足には、ペコスはハーフサイズ上の8がちょうどいい。

プルオンタイプのブーツは、人によっては小さめの方が良い方もいるが

甲高幅広の足の方は少し大きめサイズが良いようだ。

 

※8169は追加生産されず廃番が決まっている。