赤い羽BLOG

REDWINGとMr.Childrenを愛する男の趣味ブログ

REDWING 90年代タグ 羽タグ編

f:id:mr_redwing_children:20190530145847j:plain

レッドウィングの90年代に付けられたタグを紹介。

今回はワークブーツやサービスシューズなどに付けられた「羽タグ」編。

 

基本的にはアイリッシュセッター以外の物に付けられるが

アイリッシュセッターブランドの休止後に犬タグに代わって付くなど

羽タグはレッドウィング社の包括的なタグになる。

 

現在の国内レッドウィングのラインナップでは

エンジニアブーツの復刻版で、この時期の復刻タグが採用されている。

 

90年代タグ 羽タグ編 目次

 

レッドウィングのタグ

f:id:mr_redwing_children:20190509094422j:plain

タグは主に画像㊧の犬タグと㊨の羽タグの二つの種類に分かれている。

犬タグは主にアイリッシュセッターブランドに属し

ハンティングなどのアウトドアスポーツ系に付けられたタグ。

 

犬タグ編はこちら↓

 

羽タグ一覧表

f:id:mr_redwing_children:20190530151218j:plain↑は雑誌から羽タグ一覧表を拝借。

2010年の雑誌なので、現在の現行タグの表記は㎝が増えたり

工場番号がなくなったりと変更がある。

 

 

プリント羽タグ

f:id:mr_redwing_children:20190520221634j:plain

プリント羽タグは1960年代から採用されたが

生産国の有無、羽のデザインやフォントが微妙に代わり

このタイプのプリントタグは、1990年頃から96年途中まで使われた。

 

オックスフォードなどの短靴から

ノンスチールトゥのワークブーツなど幅広く付けられた。

 

プリント羽タグのモデルは↓

REDWING RW-8173 プリント羽タグ 96年製 - 赤い羽BLOG

REDWING RW-8165 プリント羽タグ 96年製 - 赤い羽BLOG

REDWING RW-101 プリント羽タグ 91年製 - 赤い羽BLOG

REDWING RW-699 プリント羽タグ 93年製 - 赤い羽BLOG

 

 

刺繍羽タグ

f:id:mr_redwing_children:20190530152824j:plain

刺繍羽タグはプリント羽タグに代わり、1996年途中から採用され

現行タイプに変わる前までの2002年いっぱいまで付く。

 

モデルによりタグの切り替わりの時期は異なり

移行期の96年春頃に生産された物はどちらのタグも付く。

 

刺繍羽タグ前期・後期

f:id:mr_redwing_children:20190608003822j:plain日本別注モデルの8165、8173、8179、8176などは

1997年途中に刺繍羽タグから四角犬タグに代わる。

その変更前は「刺繍羽タグ前期」と呼ばれ

1999年途中に四角犬タグから刺繍羽タグに戻った後を

「刺繍羽タグ後期」と言い、期間で分けて呼ばれる。

 

反対に前期後期と分けないパターンに

①ペコス8168、8169などの1996年から2002年の通した期間

タグの変更がなく、羽タグが付くモデル。

②または1998年以降デビューの刺繍羽タグが付くモデル。

③8875、8166、8167、8175などの、元々犬タグが付いていて

1999年に四角犬タグから刺繍羽タグに付くモデル。

この三つのタイプは、刺繍羽タグの前期と後期に分けることはない。

 

少し複雑なタグの変更が行われた理由としては

レッドウィング社のアイリッシュセッターブランドの独立と

そのブランドの休止による物とのこと。

 

刺繍羽タグの前期、後期に分かれるモデルは↓

REDWING RW-8165 刺繍羽タグ前期 96年製 - 赤い羽BLOG

REDWING RW-8179 刺繍羽タグ前期 96年製 - 赤い羽BLOG

REDWING RW-8179 刺繍羽タグ前期 97年製 - 赤い羽BLOG

REDWING RW-8173 刺繍羽タグ前期 97年製 - 赤い羽BLOG

刺繍羽タグで分かれないモデルは↓

REDWING RW-8160 刺繍羽タグ 2002年製 - 赤い羽BLOG

REDWING RW-8161 刺繍羽タグ 2000年製 - 赤い羽BLOG

REDWING RW-8133 刺繍羽タグ 2002年製 - 赤い羽BLOG

REDWING RW-8163 刺繍羽タグ 99年製 - 赤い羽BLOG

REDWING RW-8855 刺繍羽タグ 99年製 - 赤い羽BLOG

 

PTタグ

f:id:mr_redwing_children:20190530152937j:plain

PTタグはエンジニアブーツやロガーブーツなどに付くタグ。

これらのモデルは、品番とPT〇〇で大まかに括ることが一般的。

 

PTとはProtective Toeの略で、トゥにスチールを入れた安全靴に

定められた規格になり、この画像の「91」はその規格年に当たる。

ANSI=米国規格協会の略となり、細かい規定があるようだ。

 

f:id:mr_redwing_children:20190530201524j:plain

大枠でPT83、PT91、PT99の三つに分かれており

PT99は2006年まで、その後ASTM規格に変わる。

現在の国内モデルは従来のデザインを重視し、旧規格を継続している。

 

PT83のプリントタグは1990年頃から使用され、それ以前は後述の縦羽タグを使用し

□の規格の表記はブーツ本体に刻印されている。

PT83とPT91の切り替えのタイミングは多少前後するが92年の後半頃とのこと。

PT91のプリントタグは、96年途中から刺繍されたタグに変更され

PT99は2003年から現行タイプへと変更する。

 

一部では耐電仕様のPTブーツもあるようで、その場合はタグの下部に

EH=Electrical Hazardの表記が入るそうだ。

 

PT83タグのモデルは↓

REDWING RW-8268 PT83タグ 91年製 - 赤い羽BLOG

PT91タグのモデルは↓

REDWING RW-2268 PT91 プリントタグ 94年製 - 赤い羽BLOG

REDWING RW-8268 PT91 プリントタグ 95年製 - 赤い羽BLOG

REDWING RW-8271 PT91 プリントタグ 95年製 - 赤い羽BLOG

 

縦羽タグ

f:id:mr_redwing_children:20190530153602j:plain㊧はプリントタグ ㊨は刺繍タグ

羽タグが縦向きに付けられている、通称「縦羽」。

 

旧エンジニアやペコス、875などの各国に展開しているモデルに付く。

基本的に切り替わりは96年途中から行われるが

プリントでもイレギュラー的に、97.98年製の物まで付く場合がある。

 

古い年代のエンジニアブーツに付けられた羽タグが

PT83タグに変わる前の、旧仕様の物のみを「縦羽」だと言う方もいる。

画像のタイプも縦羽には変わりないが、その括り方は人それぞれ。

 

縦羽タグのモデルは↓

REDWING RW-1188 プリント羽タグ 93年製 - 赤い羽BLOG

REDWING RW-8168 刺繍羽タグ 97年製 - 赤い羽BLOG

REDWING RW-8169 刺繍羽タグ 97年製Ⅰ - 赤い羽BLOG

REDWING RW-8169 刺繍羽タグ 97年製Ⅱ - 赤い羽BLOG

 

f:id:mr_redwing_children:20190530145906j:plain

自分の持っているレッドウィングのブーツは

ほとんどが日本でメジャーになった後の定番モデル。

 

犬タグは比較的身近な90年代に変化がとても多いが

反対に羽タグは、もっと古い年代に語れるネタが詰まっているようだ。

とても気になるので、色々と勉強中だが

これ以上古い物にハマると危険そうなので、それも考え物だ。