赤い羽BLOG

REDWINGとMr.Childrenを愛する男の趣味ブログ

REDWING RW-101 プリント羽タグ 91年製

REDWING COLLECTION NO.32

RW-101 プリント羽タグ 91年10月製

f:id:mr_redwing_children:20190921170401j:plain

レッドウィング101 ポストマン・オックスフォードは

警察官や郵便局員などに向けて作られたサービスシューズ。

ポストマンは他社も製造していたが、おそらく一番有名なのが101。

 

101は1954年にデビューし、現在の形に変更されたのは60年代とのこと。

90年代に郵便局員の指定靴がスニーカータイプに変更されるまでの

約40年近くの間、制服として使われていたモデル。

やはり需要がなくなった為か、2000年代に廃番となるが

2010年から再販され、現在もラインナップされている。

 

f:id:mr_redwing_children:20191214165823j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214165840j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214170025j:plain

1960年代に形が変更される前は、一般的なオックスフォードの様に

フロント部分とサイド部分のパーツが分かれていたそうだ。

 

f:id:mr_redwing_children:20191214170059j:plain

101では平らなクッションクレープソールは永らく続いているが

リリース初期の50年代の物は波型の溝がある

黒のトラクショントレッドソールを採用していたとのこと。

 

f:id:mr_redwing_children:20190520221524j:plain

撮影している間抜けな顔が写り込みそうなほどピカピカ。

現在はブラックシャパラルと言う名称になっているが

所謂ガラスレザーと同じ部類とのこと。

90年代のレッドウィングのカタログでは

単純にブラックカウハイドとしか書かれていない。

ちなみに近年の物は、ツヤの無いマットな物に仕様変更された。

 

ガラスレザーについては↓

 

f:id:mr_redwing_children:20190520221547j:plain

踵には補強の為にデザインされた縫い合わせがある。

これはドッグテール(テイル)と呼ばれる製法。

その名の通りで、犬のしっぽに見えることから付いたそうだ。

 

f:id:mr_redwing_children:20190520221616j:plain

「SR/USA」はslip-resistant,made in the USA with a tag designated SR/USA

とのことで、アメリカの郵便局の規定に適合している物に付くタグ。

規定では柔らかいアウトソールを使用するようだが

着用者の安全に配慮したスリップ防止の為と

他にはアメリカの住宅事情も関係しているそうで

芝生の庭へ入った時に、芝を傷付けない為でもあるとのこと。

これをクリアしないと、郵便配達員用にはならないと言うことらしい。

 

f:id:mr_redwing_children:20190520221634j:plain

プリント羽タグは1960年代から採用されているが

このタイプは90年頃から96年頃まで使われた物。

ワークブーツなど他のモデルでも使われている物と同じ。

 

羽タグについてはこちら↓

 

f:id:mr_redwing_children:20190521180126j:plain

画像内左上は拝借した80年代の他のモデルの物。

インソールにはとても見づらいのだが、丸く縁取られたマークと

「SWEAT RESISTANT INSOLES」の刻印。

その下にはワイズの「D」とサイズの刻印がある。

数字の下のラインはハーフサイズの意味とのこと。

インソールにサイズとワイズが入るのは、90年代初めの頃までのようだ。

ポストマンは同年代でも、他のタイプのインソールを見掛ける。

 

f:id:mr_redwing_children:20190520222145j:plain

メンテはクリームで潤いと光沢を与える。

あまり過保護になってはいけないと思うが

どうしてもレッドウィングの他の物とは扱い方が変わる。

 

f:id:mr_redwing_children:20190520221823j:plain

レッドウィングの短靴は手放した物を合わせても二足だけ。

自分は普段から、ビジネスっぽいアイテムと正反対なのもあり

ポストマンのこの真面目っぽい感じが、どうもピンと来なかった。

たまたま古い雑誌を見ていたら、ポストマンが掲載されていて

それを見てから妙に欲しくなってしまい

長いこと掛かったが、ようやく取り入れることが出来たと言う訳だ。