赤い羽BLOG

REDWINGとMr.Childrenを愛する男の趣味ブログ

REDWING RW-8165 刺繍羽タグ前期 96年製

REDWING COLLECTION NO.3

RW-8165 刺繍羽タグ前期 P1第1工場 96年2月製

f:id:mr_redwing_children:20190921163110j:plain

レッドウィング8165は元々茶色のガラスレザーのモデルで使われていた品番。

その茶色のモデルが廃番となり、空いた品番とスタイルを継承し

レザーをブラッククロームに変更した新8165として1995年にリリース。

赤茶の8166などと違い、上部三つがハトメではなく

フックになっているのは旧8165のディテールを引き継いでいる為。

ちなみに旧8165は後に8160や8134として復刻された物になる。

 

f:id:mr_redwing_children:20191214094822j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214094844j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214094907j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214094926j:plain

この年代の革は硬く、馴染むまでに時間が掛かる。

その代わり馴染めば迫力のある表面の質感が味わえる。

さらに光沢感が強い物が当たりとされている。

 

f:id:mr_redwing_children:20190306055942j:plain

刺繍羽タグは1996年から2002年頃までに付くタグ。

8165は刺繍羽タグ→四角犬タグ→刺繍羽タグの通り

四角犬タグを挟んで二度刺繍羽タグが付く特殊なパターン。

前期は96年から98年、後期は99年から2002年に分けて区別する。

他には8173、8176、8179も上記のパターンになり、製造年で判別が可能。

 

羽タグについてはこちら↓

 

f:id:mr_redwing_children:20190306060425j:plain

革の断面が茶色の物は茶芯である可能性が高い。

フックの裏は灰色になっているが、問題はブーツ全体をを占める箇所の

バンプやシャフトが茶色かどうかである。

 

ブラッククロームについては↓

 

f:id:mr_redwing_children:20190306061309j:plain

直射日光に当てると傷が茶色になっているのが良く分かる。

この風合いを再現した物が、現在のブラック・クロンダイク

 

f:id:mr_redwing_children:20190306062101j:plain

ブラッククロームはこまめなオイルアップがあまり必要ではない革質。

表面をコーティングする様な、クリーム類のメンテがおススメ。