赤い羽BLOG

REDWINGとMr.Childrenを愛する男の趣味ブログ

REDWING RW-866 犬刻印 97年製

REDWING COLLECTION NO.37

RW-866 犬刻印 P8第8工場 97年2月製

f:id:mr_redwing_children:20191108190245j:plain

レッドウィング866 ペコスブーツ 犬刻印

ペコス866は1961年にデビューし、マイナーチェンジを繰り返したモデル。

本国アメリカではオロラセットの色を伝統的な色合いに戻す為に

1996年から新たに採用されたオロイジナルと言うレザーを採用。

犬刻印はオロイジナル初期の1996年と97年に生産されたモデル。

現在866はワーク仕様に変更され、日本での正規取り扱いはない。

 

f:id:mr_redwing_children:20191108190314j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191108190328j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191108190352j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191108190408j:plain

オロイジナルは革の表面を加工していないフルグレインレザー。

生産時期によりオイルド具合がかなり違い

初期の物はとてもオイリーで渋い色合い。

オロイジナルは現在のオロレガシーに引き継がれている。

 

オロラセット、オロイジナルについては↓

 

f:id:mr_redwing_children:20191108190427j:plain

刻印はかなり薄め、薄い濃いは個体差による。

通称「犬刻印」はオロラセットの色の見直しによって

新たにオーセンティックラインとして生まれ変わった一つのカテゴリー。

日本では人気絶頂時のモデルチェンジの為、あまり受け入られず

不人気であったが、廃番の後に再評価されて行った。

 

f:id:mr_redwing_children:20191108190458j:plain

タグは緑犬タグと呼ばれる物を採用。

半円犬タグのデザインで言うと、90年代初期のデザインになっている。

 

犬刻印、緑犬タグについてはこちら↓

f:id:mr_redwing_children:20191108190514j:plain

シャフト外側の履き口にはサイズや製造の刻印が入る。

ペコスでは2000年代の途中から、これらの刻印は無くなる。

 

f:id:mr_redwing_children:20191108190534j:plain

オロイジナルは普通に履いてオイルを塗るだけで、どんどん黒ずんで行く。

保存もやや難しく、長期放置するとカビでシミだらけになる。

自分はあまり色を変えたくないのでメンテナンスは

ミンクオイルではなく、レクソルコンディショナーを使っている。

べとつきが少なくマットに仕上がるので、薄い色のレザーにおススメ。

 

f:id:mr_redwing_children:20191108190558j:plain

㊧が色を見直す前の赤茶オロラセットの866。

同じ品番でもここまで変わってしまうと、さすがに別物。

今見れば、こう言う渋いカラーがラインナップにあっても良いと思うけど

当時のレッドウィングブームはとてもすごかったので

実際に手に取って見比べることは出来なかった。