赤い羽BLOG

REDWINGとMr.Childrenを愛する男の趣味ブログ

REDWING RW-8179 刺繍羽タグ前期 97年製

REDWING COLLECTION NO.11

RW-8179 刺繍羽タグ前期 P1第1工場 97年3月製

f:id:mr_redwing_children:20190921184726j:plain

レッドウィング8179 通称「黒セッター」は1995年にデビュー。

8176をノーマルウェルト+トラクショントレッドソールに変更したモデル。

某氏がカスタムをした物が、正式な品番になったのは有名な話。

この8179は日本国内のレッドウィングブームを本格的にしたモデル。

1995年~97年当時はあまりの人気の為、市場に行き渡らず

偽物が出回る程の超人気モデルだった。

自分も大変憧れていたが、買いたくても買えなかった一人。

当時は他のモデルを履いていたが、大本命はやはり8179だった。

 

f:id:mr_redwing_children:20191214122819j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214143325j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214143352j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214143415j:plain

ウェルトの断面がナチュラルな色の物は比較的初期に見られる物。

革質はとても硬く分厚い、光沢感が強いブラッククローム

撮影している自分が写り込むほどピカピカ。

自分が所有しているブラッククロームの中で、この8179が一番ツヤがある。

銀面のきめが細かく光沢のある物は、97年頃までとされているとのこと。

 

f:id:mr_redwing_children:20190324025103j:plain

当初はアイリッシュセッターに分類されていなかったので羽タグが付く。

8179の刺繍羽タグは二度登場するが

前期は96年~97年、後期は99年~2002年頃まで。

 

羽タグについてはこちら↓

 

f:id:mr_redwing_children:20190324025531j:plain

断面はベロ以外は茶色、かなり濃いめの茶色。

ベロ裏が黒い起毛素材の場合は灰色になる。

 

ブラッククロームについては↓

 

f:id:mr_redwing_children:20190324030228j:plain

ヨーロッパ仕様の8130と言う並行輸入で流通したモデルがあり

外見は8179とほぼ同じで見分けがつかないので

日本モデルに拘る場合は、ここをしっかりと確認したい。

 

f:id:mr_redwing_children:20190324030420j:plain

メンテはクリーム系を使用するが、基本ブラッシングのみ。

8179は長らく買い損ねてしまった物の一つ。

憧れが強かったせいか、何だか妙に似合ってない気がしてしまい

履くと未だに照れくさい感じがしてしまうのであった。