赤い羽BLOG

REDWINGとMr.Childrenを愛する男の趣味ブログ

REDWING RW-8268 PT91 プリントタグ 95年製

REDWING COLLECTION NO.20

RW-8268 PT91 プリントタグ P1第1工場 95年4月製

f:id:mr_redwing_children:20190921143916j:plain

レッドウィング8268はブラッククローム2268をラフアウトレザーに変更し

1980年代終わり頃にショップ別注モデルとしてデビューした。

1991年からは正規品番としてラインナップされ

国内の有名アーティストも多数愛用している人気モデル。

アンクルストラップが低く付けられているのが最大の特徴であり

この仕様の物は主に「低ベルト」と呼ばれている。

他のエンジニアブーツと同様に、この時期はシャフトも細い作り。

2018年にリリースされた9269は8268の初期の頃を復刻したモデル。

 

f:id:mr_redwing_children:20191214120204j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214120224j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214120329j:plain

この年代のエンジニアブーツはシャフトが細い作り。

着脱はしにくいが、見た目がとてもカッコイイ。

シャフトが太くなるのは2006年頃から。

 

f:id:mr_redwing_children:20191214120405j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214120432j:plain

色味は黄色っぽく濃いめのスエード。

毛足はやや長め、2000年代に入ると全体的に短めになる。

 

ラフアウトについては↓

 

f:id:mr_redwing_children:20191214120518j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214120550j:plain

薬品やオイルに強い純正のネオプレーンコードソール。

ひも状のナイロンの繊維を混ぜたソール。

年代が古い物はひもが多く含まれているとのこと。

ヒールは金属パーツが見えているので替え時が来ている。

 

f:id:mr_redwing_children:20190413065245j:plain

PT91プリントタグ、プリントのタグは96年頃まで。

PTはProtective ToeANSI=米国規格協会の略。

スチールトゥなどの安全靴に定められた規格、「91」はその規格年。

 

羽タグについてはこちら↓

 

f:id:mr_redwing_children:20191214120643j:plain

90年代後半までは、このやや平らなバックルを使用。

現在の物は少し厚みが増している。

 

f:id:mr_redwing_children:20191214120716j:plain

Texon社の段ボールや紙のようなインソール。

2008年頃から革のインソールに変わったとのこと。

 

f:id:mr_redwing_children:20190413065533j:plain

裾からベルトが見せられる様にデザインされており

右の2268と比べて一個分ぐらい低く付けられている。

この仕様は2002年頃までとのこと。

 

f:id:mr_redwing_children:20190413065631j:plain

メンテは真鍮ブラシでブラッシング。

スエードのエンジニアはシャフトがくたっとしてしまいがち。

定期的にする必要はないが、丸洗いすることで形を整えることが出来る。

長期保管の際は内部に物をしっかりと詰めておきたい。