赤い羽BLOG

REDWINGとMr.Childrenを愛する男の趣味ブログ

REDWING RW-8169 刺繍羽タグ 97年製Ⅰ

REDWING COLLECTION NO.21

RW-8169 刺繍羽タグ P1第1工場 97年6月製

f:id:mr_redwing_children:20190921151542j:plain

レッドウィングペコスブーツ8169は赤茶866をベースに

ブラッククロームに変更したモデル。

ラフアウトレザーの8168と同時に1996年にリリース。

古いモデルに原型とも言える黒いペコスがあったので

そちらをソール変更した物とも言える。

 

1996年当時は875や8179などのアイリッシュセッターの大ブームで

ラクショントレッドソールのモデルが大ヒット。

この8169は現在も続く定番モデルになった。

 

f:id:mr_redwing_children:20191214155518j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214155537j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214155556j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214155613j:plain

トゥボックスは小さめ、ややシュッとした感じ。

ウェルトの断面の着色が甘い初期タイプの作り。

 

f:id:mr_redwing_children:20190413072148j:plain

8169の刺繍羽タグは96年~2002年頃まで。

97年~99年は四角犬タグに変更になるモデルが多いが

8168と同様でこちらはタグの変更は無し。

生産初期の96年途中まではプリントのタグが付く。

 

羽タグについてはこちら↓

 

f:id:mr_redwing_children:20190413071758j:plain

断面は茶色、この年代は比較的茶色の物が多い。

これ以降は断面が灰色っぽくなり、革質は柔らかくなって行く。

 

f:id:mr_redwing_children:20190413072005j:plain

光沢は控えめで固めの革質、シャフトには細かいシワが見られる。

手入れ不足が理由ではなく、元の革質によるものが大きい。

この感じは同年代のブラッククロームで見掛ける。

 

ブラッククロームについては↓

 

f:id:mr_redwing_children:20190413072327j:plain

「1 75E 697」の刻印。

「75E」=7ハーフ Eワイズ、「697」=97年6月製。

「1」はP1のことになるのだろうか?

 

f:id:mr_redwing_children:20190413072441j:plain

こう見ると黒の奥の茶色が透けて見える様な感じ。

8165の96年製と似たような質感。

メンテはシャフトが柔らかくなり過ぎないようにクリームを塗布。

部位で塗る物を代えるか、頻度の調整も良いかもしれない。

 

※8169は追加生産されず廃番が決まっている。