赤い羽BLOG

REDWINGとMr.Childrenを愛する男の趣味ブログ

REDWING RW-8160 刺繍羽タグ 2002年製

REDWING COLLECTION NO.5

RW-8160 刺繍羽タグ P1第1工場 2002年4月製

f:id:mr_redwing_children:20190921164859j:plain

レッドウィング8160は1998年にブラウンチーフシリーズとして

8161と合わせてリリースされたモデル。

8160は1985年から94年まで販売されていた、茶色だった旧8165の復刻。

コレクティドグレインレザー、通称ガラスレザーを採用。

さらに旧8165は766と言うガラスレザーを採用し

1984年に廃番となったモデルを引き継いでいる。

つまり766→旧8165→8160と言う流れになっている。

 

 

f:id:mr_redwing_children:20191214100803j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214100822j:plain

表面は油分が少なく、パリッとした硬めの質感。

ガラスの様な光沢が特徴ではあるが、名称の由来は

革の製造時にガラスに張り付けることから付いたとのこと。

 

ガラスレザーについては↓

 

f:id:mr_redwing_children:20191214100857j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214100920j:plain

ガラスレザーは古い時代から使われて来た素材だが

革の精製作業に環境への問題があることから製造中止に至った。

このモデルは2005年頃に廃番となり、革を変更し8134に引き継がれた。

 

f:id:mr_redwing_children:20190308064453j:plain

8160のリリース初期は四角犬タグが付き

99年途中から刺繍羽タグに変更となり2002年製まで付く。

このパターンの場合は前期後期と分けることはない。

旧8165はプリントされた羽タグが付き、ワーク系のカテゴリーであった。

 

羽タグについてはこちら↓

 

f:id:mr_redwing_children:20190308065429j:plain

ガラスレザーは良い状態を保つのが難しい部類。

デリケートな革質なので、ひび割れが起きやすい。

ミンクオイルよりもクリーム系でのメンテ推奨。

大人っぽいこげ茶の8160は、コーディネートに迷った時に選ぶことが多く

元々歴史のあるレザーなので、ヴィンテージファッションはもちろん

アウトドア系などの様々なスタイルに合うので万能。