赤い羽BLOG

なんてったって90年代 ほぼレッドウィング備忘録ブログ

REDWING RW-8271 PT91 プリントタグ 95年製

REDWING COLLECTION NO.23

RW-8271 PT91 プリントタグ P1第1工場 95年8月製

f:id:mr_redwing_children:20190420122232j:plainレッドウィング8271はオロラセットを使用した日本企画のエンジニアブーツ

 

1995年のレッドウィング90周年記念モデルとしてリリースされた

 

ブラッククローム2268のレザー変更バージョン

8271の一度目の再販は2002年から2006年頃まで

 

ここまでは細いシャフトを採用していた時期となる


2015年から再びラインナップし販売されているが

 

残念ながら廃番が決まったようで在庫限りとのこと

 

2015年版は現行方式のゆったりしたシャフトを採用しており

 

売り文句としての特色に乏しいところがあると思われる

 

この手のブーツはディテールが購買意欲に繋がるので

 

語れる仕様に変更して、いずれ復刻されるのではと思ったりする

 

f:id:mr_redwing_children:20190420122521j:plain

f:id:mr_redwing_children:20190420122600j:plain足入れは悪いが見た目の良い、細いシャフトが特徴的

 

赤みが強い時期のオロラセット

 

スチール入りのぷっくりとしたトゥ

 

f:id:mr_redwing_children:20190420122724j:plain薬品やオイルに強い純正のネオプレーンコードソール

 

ひも状のナイロンの繊維を混ぜたソール

 

ネオプレーンはデュポン社の素材とのこと

 

Rの付いたロガーシェイプのヒール

 

f:id:mr_redwing_children:20190420122903j:plain8271初期に付くPT91プリントタグ

 

PTはProtective ToeANSI=米国規格協会の略

 

スチールトゥなどの安全靴に定められた規格、「91」はその規格年

 

再販版初期は刺繍タグのPT99、そして次の規格のASTMタグへ移行

 

さらに2015年版は2012年の国際的な規格変更の為

 

安全靴としての表記はなくなったとのこと

 

規格を満たすとなると、トゥの形状の大幅な見直しが必要とされるようで

 

ファッションアイテムとしてのニーズを考え、スタイルを継続したとのこと

 

f:id:mr_redwing_children:20190420122949j:plainやや平らなニッケル素材のバックルは90年代後半まで採用された物

 

古いモデルに付く段ボールや紙のようなインソール

 

2008年頃から革のインソールに変わったとのこと

 

f:id:mr_redwing_children:20190420123417j:plain鼻筋のようなクリッピング(クリンピング)の跡

 

甲の部分を立体的に作る為に付けられた加工跡で

 

現在では製造上の理由で必要性がなくなったとのこと

 

レッドウィングでは90年代末頃まで採用されていたようだ

 

f:id:mr_redwing_children:20190420123541j:plain革質は元々柔らかめなので、ミンクオイル以外を使用して

 

シャフトの張りをなるべくキープしたい

 

自分が現在所有しているレッドウィングの中では

 

この8271が一番希少価値が高いと思われる

 

着用するよりもコレクションと化しそうな物の一つ