赤い羽BLOG

REDWINGとMr.Childrenを愛する男の趣味ブログ

REDWING RW-8161 刺繍羽タグ 2000年製

REDWING COLLECTION NO.15

RW-8161 刺繍羽タグ P1第1工場 2000年4月製

f:id:mr_redwing_children:20190921175445j:plain

レッドウィング8161は1998年にブラウンチーフシリーズとして

8160と合わせてリリースされたモデル。

1950年代にリリースされた777の復刻と言う位置付け。

コレクティドグレインレザー、通称ガラスレザーを採用。

その名称は製造時にガラスに張り付けることに由来。

このレザーは精製時に環境への問題があることから製造中止に至っている。

 

8161はマニア向けの為、国内での取り扱いは早々に終了してしまったようだが

発売がおそらく10年ぐらい早かったような気がするモデル。

ガラスレザーについては↓

 

f:id:mr_redwing_children:20191214154053j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214154109j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214154129j:plain

f:id:mr_redwing_children:20191214154143j:plain

耐油性のあるニトリルコルクソールを採用。

ヒールはレッドウィング純正のロゴ入りの物。

レトロ感と言うかアナログ感の強いコルクソールがとても好きだ。

 

f:id:mr_redwing_children:20190328084719j:plain

8161は初期の98年製から四角犬タグではなく

刺繍羽タグが付く為、前期と後期と言う区分はない。

 

羽タグについてはこちら↓

 

f:id:mr_redwing_children:20191214154301j:plain

777は上部三つフックになるが、8161はオールハトメ仕様。

着色された真鍮のハトメはオールド感抜群。

 

f:id:mr_redwing_children:20191214154318j:plain

レザーインソールに踵部分は別素材が付く。

この辺りは古いモデルのディテールを受け継いでいるようだ。

 

f:id:mr_redwing_children:20190328085022j:plain

画像㊦デフォルトのひもはスニーカー用っぽい雰囲気なので

画像㊤のベックマンなどに使われる蝋引きの物に変更。

 

f:id:mr_redwing_children:20190328085100j:plain

ガラスレザーのメンテはクリーム系推奨。

デッドストックから数回使用した程度なので、光沢はまだまだ甘い。

8161は履くと言うよりも鑑賞用になってしまった物の一つ。